100年以上の歴史を持つ「鉄道林」とは?

「鉄道林」とは、吹雪・雪崩等の自然災害から鉄道の安全を守るために、線路に沿って設置された林のことです。

現在、JR東日本では、東京ドームの約900倍に相当する約4,000ha(約1,160箇所)の鉄道林を保有しています。

鉄道を守る森「鉄道林」のはなしを紹介します。

採用情報

現在、募集しておりません。

著作権について

当社ホームページに掲載されている画像や情報等に関する著作権およびその他の権利は、当社もしくは当社に使用を認めた権利者に帰属します。著作権については、各国の著作権法や条約等、法律で保護されており、掲載内容を私的利用など法律によって認められる範囲を超えて、無断で使用することはできません。