鉄道林保守管理

安心・安全な交通環境と自然環境の保全・調和により、持続的な鉄道林の創造を目指して。

当社は、JR東日本の鉄道林保守管理業務を専門に行っている会社として、豊富な施業実績により、独自のノウハウを積み重ねています。

鉄道林は防雪・防風・防飛砂・斜面安定等の防災機能とともに、沿線の生態系・景観の保全や地球温暖化の原因である二酸化炭素の吸収源機能など、多目的効果が期待される設備です。

鉄道の安全・安定輸送の確保を目指して、風雪や吹雪、雪崩などから鉄道を守るため防雪林・防備林を整備し、周辺環境との調和にも配慮した保守管理に取り組んでいます。

鉄道林検査業務

森林が発揮する防災機能や樹木の生育状況、周辺環境の変化等を航空写真や現地調査により把握・評価し、その結果を基に今後の施業方針を決定します。

鉄道の安全と環境保全という二つの観点から、地域社会環境への寄与を配慮した適切な管理方法を提案してまいります。

林地の航空写真(斜め)

林地(立木)の現地調査

林地(渓流)の現地調査

鉄道林保守工事

検査業務で設定された施業方針に沿って、適切な時期に、適切な手入れを実施します。

それぞれの地域の気候や地形条件に適した樹種選定や手入れ方法を考慮し、多様性があり生態的に強い持続可能な鉄道林の形成に取り組んでいます。

植栽作業

下刈り作業

間伐作業

松くい虫防除(薬液注入)

丸太材造材・集積作業

木材破砕作業(チップ化)

段切り

台付けワイヤーの取り付け

牽引による伐倒

なだれ査察業務

鉄道沿線でなだれが発生する恐れがある斜面(鉄道林及び部外林)について、冬期間にヘリコプターによる空中査察を実施します。

沿線斜面の積雪状況の把握により、鉄道の安全・安定輸送を確保してまいります。

ヘリ査察による航空写真①

ヘリ査察による航空写真②

採用情報

現在、募集しておりません。

著作権について

 当社ホームページに掲載されている画像や情報等に関する著作権およびその他の権利は、当社もしくは当社に使用を認めた権利者に帰属します。著作権については、各国の著作権法や条約等、法律で保護されており、掲載内容を私的利用など法律によって認められる範囲を超えて、無断で使用することはできません。