鉄道林の樹木

鉄道林でみられる樹木

日本は降水量が多いため、高山や海岸・湿地などを除けば、日本全国どんな場所でも森が育ちます。森の種類は、その地域の気温によって決まります。また、地形や土地の条件、環境に応じて育つ森は違います。鉄道林を植栽する場合には、防災効果を発揮する木を選定することはもちろんのことですが、地域の気温や気候、環境などを理解し、その場所に最適な樹種を選定しています。

スギ

木材生産用として全国に植栽されています。

ふぶき防止林やなだれ防止林の一部に用いられています。

ドイツトウヒ

ヨーロッパ原産で日本では北日本に植栽されています。

クリスマスツリーの木としてもよく利用されます。

クロマツ

汚染と塩害に強く、鉄道林でも飛砂防止林として用いられています。

アカマツ

全国各地の内陸の山地に生育します。

土砂崩壊防止林、落石防止林またふぶき防止林として用いられています。

トドマツ

北海道に広く分布し、また造林樹種としても多く用いられます。

ヒノキアスナロ

耐陰性が強く、スギ林の下層に植えられ、複層林として形成されるところもあります。

カラマツ

木材生産用として中部地方や東北地方に植栽されています。

ほかの針葉樹と異なり冬に落葉します。

ケヤキ

肥沃な土地を好み、渓谷や斜面の中腹などに生育します。

なだれ防止林などに利用されています。

ナラ類

コナラ、ミズナラ、クヌギなどの落葉広葉樹。

なだれ防止林の斜面にも生育し、土砂崩壊・落石防止にも役立っています。

ヤチダモ

北海道に多く生育し、本州では湿地周辺や渓流沿いなどで見られます。

主にふぶき防止林として植栽されました。

採用情報

現在、募集しておりません。

著作権について

当社ホームページに掲載されている画像や情報等に関する著作権およびその他の権利は、当社もしくは当社に使用を認めた権利者に帰属します。著作権については、各国の著作権法や条約等、法律で保護されており、掲載内容を私的利用など法律によって認められる範囲を超えて、無断で使用することはできません。